コンサルティング

コンサルティング

固有モードの寄与率表示

課題 : 固有モードの寄与率が効率的に評価できません。

MSC Nastranでは、構造/音圧応答の固有モード寄与率とパネル寄与率を出力することができます。これらの各種寄与率は、着目ピークに対するメカニズム分析において重要な情報です。
しかし、MSC Nastranからの寄与率出力はテキストデータであるため、これを効率的に表示するソフトウェアが必要です。

解決方法

ESTECH.PlotToolは、MSC Nastranから出力された以下の寄与率を効率的にグラフ表示することができます。

  • MCFRACTION(振動応答に関する固有モード寄与)
  • FLSPOUT(圧力応答に関する構造モード/音響モード/音響荷重/パネル/パネル構造モード/節点モード寄与)
  • PFMODE/PFPANEL/PFGRID(構造モード/音響モード/パネル/パネル構造モード/節点モード寄与)

plottool_fig.gif

このソフトのメリット
  • ESTECH.NAST+を利用することで、通常のMSC Nastranからは出力されない寄与率も出力できます(速度・加速度応答に対する寄与率/モーダル音響放射係数)
  • 1000以上の多くのモードがある場合でも、インタラクティブな操作により、瞬時に寄与の高いモードやパネルを特定できます。
  • 5種類の表示形式を選べるため、さまざまな視点から分析ができます。
使用ソフトの概要
*記載の会社名および製品等の固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

お知らせ

お知らせ一覧

ISIDグループ

  • 株式会社電通国際情報サービス

パートナー企業一覧

このページの先頭に戻る