コンサルティング

コンサルティング

主成分モードの抽出

課題 : 固有モード密度が高いモデルを効率的に計算・分析したい。

大規模FEモデルや高周波域の解析では、多数の固有モードが存在するため計算時間が増大し、固有モードによる現象の分析が困難です。
また固有モード密度が高い場合に固有モード寄与を求めても寄与率が分散するため、ピークの主要因となるモードを特定することが難しい場合があります。

解決方法

ESTECH.NAST+ PMAオプションを用いると、実稼動の変形パターンを特異値分解することで、応答に対して寄与の大きい似たような固有モードをまとめ、不要な固有モードを取り除くことができます。
この寄与の大きなまとめられたモードを主成分モードと呼び、これにより複雑な現象を単純化することができます。

pma_fig.gif
このソフトのメリット
  • バリエーション解析時の解析効率向上を目的として、主成分モードを用いたモーダルモデル縮約が可能です。応答波形を完全に再現する場合でも、固有モードのモード数を減らすことが可能となり、寄与の高いモードのみを用いることで、現象の単純化が可能です。
  • 加振条件/応答点/対象領域(周波数等)ごとに抽出される主成分モードが異なります。つまり、着目する個々の現象に合わせた主成分モードを求めることで、複雑な現象のメカニズム分析が可能になります。
使用ソフトの概要

お知らせ

お知らせ一覧

ISIDグループ

  • 株式会社電通国際情報サービス

パートナー企業一覧

このページの先頭に戻る