コンサルティング

コンサルティング

制御解析での弾性体のモデル化

課題 : Simulinkの制御解析で弾性体振動モデルを取り込みたい

Simulinkを用いて制御解析を行う場合に、制御対象の弾性振動を考慮する必要がある場合、有限要素モデルを何らかの方法でSimulinkに読み込める形に変換する必要があります。
また、有限要素法モデルを読み込んだ際に、以下のような問題がある場合もあります。

  • 固有モード数が多く、計算時間が膨大になる。
  • 振動モードをリカバリしてアニメーションで確認したい。

解決方法

そこで、ESTECH.SimFlexは、ESTECH.NAST+と組み合わせることで、以下を可能にしました。

  • 有限要素法モデルをモーダルとして取り込み、減衰マトリクスの非対角項の削除や、必要モードのみの選択によるモデル規模の低減。
  • ESTECH,NAST+の主成分モードを用いることによるモード数の低減。
  • ESTECH.NAST+のリカバリ機能によるアニメーション出力。
このソフトのメリット
  • GUIによって計算に用いるモードの構成を容易に変更することができ、応答のモード寄与分析等に利用できます。
  • 音響モードにも対応しています。
使用ソフトの概要
*記載の会社名および製品等の固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

お知らせ

お知らせ一覧

ISIDグループ

  • 株式会社電通国際情報サービス

パートナー企業一覧

このページの先頭に戻る