コンサルティング

コンサルティング

分析手法インデックス

多数の固有モードを持つモデルの評価分析手法(主成分モード分析)

モード密度が高い大規模モデルや高周波の応答を評価する際に、特定の入力に対して支配的な変形モードを求めることができます。

対象物を剛体と仮定して並進・回転運動を評価する

対象物を剛体と仮定した場合の任意点の剛体運動(並進3方向・回転3方向)を推定することで、対象物の運動を評価することができます。

剛体運動の中の微小変形を求める

対象物の絶対変形の中から、剛体変形分を差し引きして、微小な弾性変形のみを求めることができます。

実用的で効果的なTPA手法が欲しい

様々な手法があるTPAですが、それぞれ使い方を誤ると、間違った答えを導き出すことになります。

 

お知らせ

お知らせ一覧

ISIDグループ

  • 株式会社電通国際情報サービス

パートナー企業一覧

このページの先頭に戻る