コンサルティング

コンサルティング

技術開発センター

近年、各種機器、機械のさらなる低振動・低騒音化への取り組みや自動車のハイブリッド化、省エネルギー化、環境対策などに見られるように、製品性能への社会的要求が高まっています。このような中、ものづくりの現場では、製品開発におけるより一層精度の高い実験が求められています。技術開発センターはこうした要求に応えるもので、高精度、高品質の実験を行なうことができます。

技術開発センターは、実験ドリブンCAEの価値を一層磨き上げるために、実験解析エキスパートとCAE解析エキスパートが同一拠点で情報を共有しながら切磋琢磨することで、真にモノづくりに役立つ技術の開発を目指す拠点です。

技術開発センター外観

技術開発センターの特徴

①技術支援サービスの品質向上と人材育成
  技術開発センター1Fは振動・騒音実験エリア、2Fは実験データ解析やCAEシミュレーション解析を行うための解析サーバとオフィス機能を備えており、実験解析エキスパートとCAE解析エキスパートが同一拠点で情報・知見を共有しながら技術課題解決に取り組むことで、高度な独自CAE技術開発を進め、お客様の設計・開発業務に貢献します。
  また実験ドリブンCAEを推進していくために、実験解析技術とCAE解析技術の両方を有するエンジニアを育成します。

ETDC_fig01.jpg
②実験インフラの強化
●大型定盤とフレキシブルな実験空間
 技術開発センター1Fには、5区画に分かれた振動・騒音実験エリアを新設しました。全区画共に高精度な振動計測が可能となる縁切り独立基礎を持つ大型埋め込み定盤を配置し、さらに吸音材による簡易無響室構造としています。
 このうち中央の3区画は、仕切り壁を作らず連通させることでフレキシブルな実験空間としています。
 また両端の2区画の1つは後述する油圧加振室、もう1つはEV車のパワートレイン振動・騒音試験の増加を見込み、将来、専用モータベンチを設置可能な大型定盤を導入し、高荷重床構造としています。

ETDC_photo_12_072.jpg・大型定盤
4.5m×3mの大型T溝付き床埋込定盤
厚さ1m以上のコンクリ塊の独立基礎により一般床と縁切りし、暗振動を遮断した精度の高い振動実験環境を作りました。

・実験室
幅6m×奥行12m×高さ5m
2室は完全独立空間
特に秘匿性が高い供試品の実験や、お客様の長期滞在型実験業務に対応
3室は連続した大空間とし、柔軟性の高い実験レイアウトが可能(幅18m×奥行12m×高さ5m)

 これら技術開発センターの設備に加え、従前より保有する以下のような実験機材を組み合わせることで、弊社独自の実験技術をお客様にご提供致します。

  • フロントエンド・・・約800ch
  • 加速度センサー・・・約850個
  • マイク・・・約90本
  • 電磁加振器・・・18台
  • インパクトハンマー・・・26個
  • 音源探査 アコースティックカメラ・・・1台

●ピットを備えた油圧加振室
 電磁加振器では困難な大入力での加振実験による乗り心地や操縦安定性領域での車体の微小変形試験などを可能とする、油圧加振設備が導入されています。

油圧加振器実験の特徴

  • 小型で汎用性の高い加振ヘッドにより、自由なレイアウトでの実験が可能
  • ランダム加振、スイープサイン加振、複合加振、実働PSD加振に対応
  • 主なアプリケーション
    • ブッシュ等ゴム部品の動ばね特性計測、車体ヒステリシス計測
    • 車両のタイヤ接地面加振によるロードノイズ解析用試験
    • 部品の疲労試験
    • 電子機器の耐震試験

ETDC_fig03-0.JPG
ETDC_photo_12_154.jpg

紹介動画

技術開発センター紹介

フルスクリーンでご覧いただく場合はこちら


油圧加振器

フルスクリーンでご覧いただく場合はこちら


油圧加振器

フルスクリーンでご覧いただく場合はこちら


設備

半無響室

E_Experiment_Page1_001.jpgJIS性能をクリア
大型定盤 4.5m×2.5m設置、吸音楔 L=500mm。
有効寸法W6.5m×L8.5m×H4.4m の半無響室です。
排気設備も備え、トレーラのトラクタヘッドなどのエンジン騒音計測も可能。

加振実験室

E_Experiment_Page1_002.jpg 分割使用可、定盤2基、2.8t天井クレーンを設置、大型共試体の加振実験も可能

E_Experiment_Page1_004.jpg 50mmグラスウール(天井、壁面)

E_Experiment_Page1_005.jpg ピットを備えた油圧加振室

E_Experiment_Page1_006.jpg 独立した加振室


 

車両準備室

E_Experiment_Page1_003.jpg 無柱油圧カーリフト、2.8t天井クレーンを設置
室内での積み下ろしも可能で秘匿も万全
 

 CAE成功の鍵は実験と解析のバランスです 
皆様のご利用をお待ちしております

お知らせ

お知らせ一覧

ISIDグループ

  • 株式会社電通国際情報サービス

パートナー企業一覧

このページの先頭に戻る