コンサルティング

コンサルティング

実験モーダル解析

実験モーダル解析は、要求精度や内容に応じて多くのバリエーションがありますが、最も重要なのは適切な周波数応答関数を取得することです。

適切な周波数応答関数を計測するためには、
 ・支持構造物および支持方法が、実験の目的に適していること
 ・適切な加振点および応答点を設定すること
 ・加振方法や計測条件の設定、計測機器の選定を適切に行うこと
 ・計測機器が、実験対象物の振動特性に与える影響を極力小さくすること
 ・加振入力と応答のコヒーレンスが高く、相反性・再現性が成立していること

などなど、経験やノウハウが必要とされることが数多くあります。


modal_001.JPG  modal_002.JPG

モーダル解析では状況に応じて最適な手法を選択し、抽出したモーダルパラメータを用いた周波数応答関数の合成(シンセシス)結果、各固有振動モードシェイプの直交性(MAC)、そして固有振動モードシェイプ(変形形状)の妥当性などからモーダルパラメータの精度検証を行い、目的とする動的特性の情報を取得します。

エステックはこれまでの豊富な経験を生かし、蓄積されたノウハウを駆使することにより、周波数応答関数の計測も含めて質の高いアウトプットを提供することができます。


modal_003.JPG  modal_008.JPG


実験モーダル解析の事例

  ・自動車ボディ
  ・各種自動車部品(サスペンション部品、エンジン部品 他)
  ・トラックキャビンおよびフレーム
  ・OA機器
  ・人工衛星
  ・鉄道車両

上記以外についてもご相談下さい。
 

計測&分析システム構成例

ソフトウェア
 ・PULSE Labshop (オンラインリアルタイム分析ソフト)
 ・PULSE Reflex (オフライン信号分析ソフト)

ハードウェア
 ・LAN-XI (計測フロントエンド)
 ・電磁加振器
 ・インパクトハンマー
 ・3軸加速度センサー
 

ハード&ソフトウェア

実験業務の受託に加え、お客様のご要望に応じた最適なハード&ソフトウェアのご提案も致します。

ハードウェア
PULSEフロントエンド
 ~ハイエンド計測フロントエンド~
ソフトウェア
PULSE Labshop
 ~オンライン、リアルタイム分析~

PULSE Reflex 
 ~オフライン、ポスト処理、モーダル解析~







お知らせ

お知らせ一覧

ISIDグループ

  • 株式会社電通国際情報サービス

パートナー企業一覧

このページの先頭に戻る