コンサルティング

コンサルティング

構造音場連成解析を用いた車室内騒音の予測

概要

本事例では、車体部分に実験モーダルモデルを用い、有限要素モデル化された音場との連成解析により車室内の騒音予測を行ないました。
本手法のバリエーションとして、構造部分にも有限要素モデルを用いる方法、構造部分の振動や騒音の伝達特性として実測された伝達関数を直接用いる方法があり、エステックは、いずれにも豊富な経験が有ります。

お知らせ

お知らせ一覧

ISIDグループ

  • 株式会社電通国際情報サービス

パートナー企業一覧

このページの先頭に戻る