コンサルティング

コンサルティング

ギヤノイズ解析

概要

ギヤノイズ(ワイン音)とは、主としてギヤ噛み合い一次および二次成分の周波数を持つ比較的純音に近い連続的な騒音です。乗用車の場合、暗騒音レベルが低い高周波数帯域の騒音となるため、騒音レベルが低くとも問題になります。

ギヤノイズの生成メカニズムは複雑な要因に支配されているため、全体を一括でシミュレーションすることは実際的ではありません。エステックでは以下の各特性を順次シミュレーションすることにより、効率的な予測・対策の立案を行っています。

gear_noise.png

エステックの提供するギヤノイズ開発支援の特徴です。

1)実験結果に基づく高精度シミュレーションモデル
加振実験、実働実験結果に対するコリレーションを行い、設計検討可能な高精度なシミュレーションモデルを構築します。

2)振動応答を最適化するケース形状検討
MSC Nastran最適化機能を活用した箱物肉厚、リブ肉厚の最適配置を検討。放射音にも適用可能です。

3)軸系高精度モデル構築
ベヤリング支持部、ハブ~スリーブ等の接触範囲を非線形シミュレーションを用いて予測することにより、ヴァーチャルで高精度モデルを構築します。

4)トレーニング業務による技術移管
構築した技術を伝授するトレーニング業務を提供します。
 

お知らせ

お知らせ一覧

ISIDグループ

  • 株式会社電通国際情報サービス

パートナー企業一覧

このページの先頭に戻る