コンサルティング

コンサルティング

スプリングバック解析

概要

板成形時のスプリングバック量の予測技術は生産効率を向上させる上で、非常に重要な課題であり、その精度向上が強く求められています。この事例では、鋼板の引張曲げスプリングバック試験をシミュレーションしました。成形中に試験片に発生する張力が増大するほど、スプリングバック量が減少する傾向が、精度良くシミュレートされています。
 

springback.png

関連資料

お知らせ

お知らせ一覧

ISIDグループ

  • 株式会社電通国際情報サービス

パートナー企業一覧

このページの先頭に戻る