コンサルティング

コンサルティング

スクイズフィルムダンパ現象

概要

スクイズフィルムダンパ(SFD)とは、振動する平板が固定表面に近接すると、粘性空気の流動及び圧縮により、平板に対し抵抗力が発生する現象です。

MEMSデバイス(sensors, actuators)の設計と動的性能改善において、空気スクイズフィルムダンピング効果の利用は重要となってきています。また、一般機械の騒音・振動制御においても検討事例があります。

sqf.png
スクイズフィルムダンパ

エステックでは、汎用ソフトを用いた構造(FEM)~流体(CFD)連成解析により、スクイズフィルムダンパ現象を再現し、そのメカニズムの詳細を分析する技術を開発しています。


sqf_mode.png

Gap量違いの振動モード

関連資料

お知らせ

お知らせ一覧

ISIDグループ

  • 株式会社電通国際情報サービス

パートナー企業一覧

このページの先頭に戻る