コンサルティング

コンサルティング

Adamsを核にした統合車両CAE解析

概要

近年の自動車開発プロセスでは、更なる開発期間の短縮、開発効率の向上、開発費用の削減等が要求されており、車両開発の多くの段階で、Virtual Product Development(VPD)と呼ばれるシミュレーション技術を用いた車両性能検討が必要不可欠であるといえます。

しかし、より多くの車両性能検討が必要となっている昨今では、シミュレーション技術として、多様なモデル、幅広い検討内容、それらのデータ管理等が更に重要視され、それらを統合したCAE 環境の構築というニーズが高まっており、精度の良い車両モデルだけでなく、その車両モデルを更に有効活用するための周辺技術とのコラボレーションが重要です。

Adams_Functional_Vehicle_Model_System.jpg


ここで紹介する「Adamsを核にした自動車開発の統合CAE 環境」は、次の4つの技術をコラボレーションしています。
 ●車両モデル
 ●制御モデル
 ●データベース
 ●自動化計算実行環境

これらの技術の統合により、多様なモデル、幅広い検討内容、それらのデータ管理等を含めて、より効率良く多くの車両性能検討を実現することができます。
 

お知らせ

お知らせ一覧

ISIDグループ

  • 株式会社電通国際情報サービス

パートナー企業一覧

このページの先頭に戻る