コンサルティング

コンサルティング

エステックの考えるMBDとは

概要

メカの設計に際しては、機構や構造の本質を理解した無理のない設計、すなわち「素性の良い設計」を行ったうえで、各部の諸元を決定することが最も大切です。

CAEの活用は「設計の最適化」をはじめとする設計パラメータの決定に際して非常に効果的なものですが、初期設計段階で「素性の良い設計」を行うためのCAE活用は、近年まで一般的ではありませんでした。

エステックでは、モデルベース開発(MBD: Model Based Development)の考え方をメカの機構・構造や振動問題に対して適用することにより、最適な機能割付け目標を早期に得るとともに、手戻りが無く品質の良い設計を早期に確立することを目的にコンサルティングを実施しています。

MBD_001_V_process_SS.JPG

 

提供サービス

主に以下の領域に対してコンサルティングを実施しています

 ●1D→3D連携
  1D解析を含む解析上流工程で得られた機能モデル・基礎特性などの
  詳細モデルへの反映、または反映に必要な技術の構築
    ●必要な特性を表現し相互連携可能な1D/3Dモデルのセットの開発
    ●1Dで統合表現された機能・特性を詳細特性に展開するための
     手法開発およびツール化

 ●詳細モデルのリダクション(3D→1D)
  詳細特性を表現した3次元モデルの1D解析向けリダクション
    ●制御連成解析やリアルタイムシミュレータへの適用を目的とし、
     現象のメカニズムに基づく3D機構モデルのリダクションによる、
     高精度かつ低自由度の制御対象1Dモデルの作成

 ●1Dモデル構築
  制御~電気回路~アクチュエータ~機械~センシング(フィードバック)
  など、複数ドメインにまたがる要素を含むモデル化の実施
    ●機構、構造、振動、電磁場などの詳細モデルのリダクション
    ●制御・電気特性などを含んだモデル作成


上記領域を中心に、目的に応じた手法の構築や、解析モデル提供を行い、お客様のMBDプロセス構築のお手伝いをいたします

MBD_Area_of_MBD_SS.JPG

エステックが対象とする領域

お知らせ

お知らせ一覧

ISIDグループ

  • 株式会社電通国際情報サービス

パートナー企業一覧

このページの先頭に戻る